[ 前のメッセージ | 次のメッセージ ] [ 一覧 ]
丸山ワクチンの長期投与は無意味 2002/12/10 11:43 [ No.193 / 2125 ]
投稿者 :
BLL
>3年以上の長期使用者は総使用者の2%台から30%台に分散しており、平均は9.19%となっている。部位別では肺・胆管・膵臓・肝臓等が短く、乳・子宮・上顎咽喉・膀胱・皮膚・甲状腺等が長くなっている。

余りにも常識的な余命の分布だけれど
問題なのは、乳がん、甲状腺がんのような比較的ステージが高くても治療法が確立されており、余命が長い人も、漫然と「効くかどうかわからない○山ワクチン」を受けているということ

永久治験なんていって、出るデータなんて何の使い物にもならない

対象疾患もあいまい、治療効果判定基準もあいまい、結果をまとめようとする前準備も不可能

ネバー・ランディングの治験に意味があるかい?

日医大が「丸山ワクチンでガンに克つ」という本を出しているのは、良心の呵責を感じないんだろうな
これは メッセージ 187 monpa60 に対する返信です